2011年10月24日

研究内容


バロンです  お元気さまひらめき


今日は月曜日、今週も第一日が始まりましたね。 今週もいぇーいfight晴れ

今日は自分の研究内容を紹介します。



Blogを始めたころの自分の紹介のところでもゆったかもしれないです。

自分は今、愛媛大 工学部の環境建設学科で学校生活を送っています。

やってることとしては環境問題を考えた建築や土木のことなどをやっていて、

生物から構造物やら都市の計画やらかなり幅広いです。




そのなかでも自分は地すべりやがけ崩れから

みんなを守る研究をしている地盤防災という研究室に所属しています。


大雨や地震によって地盤がゆるくなって起きるのですが

おおきな地すべりが起きると

07-26[1].jpg

こんな感じになって大変です

こんなところに住まないように危険な場所の地図をつくったり、実験やら

水源地とかしらべたりしています。

今年は台風や大雨が多かったのでいろんなとこで大変そうな気がします。


最近は環境問題いろいろニューステレビでよく見かけると思います。

みんなも地盤に限らずいろんな環境もんだいに関心もってくれたらうれしいです。

それでは今日はこのへんで


  
imgdf5c9551zik4zj[1].jpg

 「地すべり的大勝利!!!」
ってかんじで今週も頑張ってこう手(グー)

       イえスッッ!!

posted by バロン | 愛媛 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

TEEN! TEEN!


お元気さま!!晴れ

なんやかんやで毎日を過ごしていますバロンです。

今日はTEENということでだいたい19歳の愛媛CARPの1.2年生をを紹介しようと思います。



それでは〜




ガッツパンチ

松大生 2回生  
最近20歳の誕生日を迎えましてTEENではないのですが
みためは一番の若さをほこります。
ちゃーんわーい(嬉しい顔)



バルサ
松山大学  2回生 
フットボールチーム、バルセロナが好きだからバルササッカー
日本伝統人形のような愛くるしさで、きれい好き。
趣味は映画観賞ときれいになった部屋で仮眠すること。




たま
愛媛大学 教育学部 1回生 たmごっちのキャラにぴったり。
いろんなところでコロコロしています新月 
美術のせんこうで絵のセンスがなかなかNICEですぴかぴか(新しい)アート
たぶん散歩好き




スズ
愛媛大学 法文学部 1回生 
知性にあふれるインテリジェンス!眼鏡
かしこい系なのかと思いきや
10月下旬だけどまだ半袖
きゃしゃだけど半袖をきこなす鉄人です。手(グー)
夏は大変ですねたらーっ(汗)たらーっ(汗)



はなかわいい

愛媛大学 法文学部 1回生
てかてか光る鼻の輝きではなく 花のような明るさ
でみんなと楽しく過ごしています。
あとはなんとも歌がうまいです
LETS SING !!パスワード



まめ
愛媛大学農学部 1回生  元気活発!
ごはんもけっこうたべます。ファーストフード
スポーツもなかなかに活躍します。
陽気であふれるほど笑顔なメンバーです。



せーの10代っていいよね!!

またね手(パー)




 










posted by バロン | 愛媛 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

フロイト心理学をめぐって☆

はじめまして!

突然ですが、、、

kinoko2.jpg「キノです」



kinoko1.jpg「ピコです」


「ふたり合わせてキノピコです!!!


キノ)「いやぁ、やっとデビューですね。」

ピコ)「だねっ!長かったね!もうホントに!」

キノ)「ピコさんの一部が腐った時にはどうしようかと思ったよ。。」

ピコ)「菌類だしね!もう、つるつるするしかないよね!」

キノ)「よく分からないけれどたらーっ(汗)


ピコ)「それでね!キノさん!聞いてよひらめき


キノ)「?」


ピコ)「最近、授業でフロイト心理学っていうのを学んだんだけど、これが面白くてるんるん

    フロイトって人知ってた?」

キノ)「うん。ジークムント・フロイトSigmund Freud。

                 フロイト.jpg

   
    1856年5月6日にドイツに生まれたオーストリアの精神分析学者。
    
    オーストリアの白人系ユダヤ教徒アシュケナジーの家庭に生まれ、神経病理学者を経て

    精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究、    
    精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した。」

ピコ)「さすがだねあせあせ(飛び散る汗)
    

     当時は、体は傷つくことはあっても、心まで傷つくという発想がなくて、その時増加した

    異様な行動をとってしまうヒステリックな症状に対してあくまで、仮病だとして
   
    見向きもされなかったんだけど、フロイト自身が、汽車や大衆の中にあると急に動悸や
   
    めまいを覚えるような症状をもっていたのもあって、探究しつづけるなかで、まず、

    ヒステリーは心の葛藤が原因だと結論づけたんだ。そして、その心の葛藤は、
    
    もっぱら性的な内容であるという、当時の厳格な性倫理の風潮に対して

    真っ向からぶつかっていくような主張したんだよね。」




キノ)「そうそう。さらに無意識の世界を主張したのもフロイトで、自分が見た夢を通して、
 
    自分自身が知らず知らずに持っている潜在的意識があることを証明したんだよ。」





ピコ)「まだ、深くは分からないんだけどさ、

    本当に人の心の深くまで探求していった人なんだよね。



    けど。やっぱり、いろんな心理学者がいるけれど、人間が潜在的に意識するものや
  
    意識してしまって葛藤することとか、そういった現状があっても、
  
    それがいわゆる本音であっても、それが理想とする自分じゃないなら、

    本当の自分であっても、本来の自分じゃないと思うんだよね〜。

    だから、現状を知ることは大事だけど、なぜそうなってしまったのか、
   
    そこから理想に向かうにはどうしたらいいのかについて考えるべきだと思うんだよ。




キノ)「ふぅ〜ん。ピコさんは、そんなことを考えてるんだね。」


ピコ)「ぜ〜んぶ、トイレで思ったことだけどね。いやぁ、トイレってすごいね。」


キノ)「トイレはともかく、もう少し勉強したいな。」







ピコ)「ほぅ。言ったねぴかぴか(新しい)




キノ)「え?がく〜(落胆した顔)



ピコ)「ということで、僕の代わりに授業をよろしく黒ハート単位は任せた☆

    アディオスぴかぴか(新しい)ダッシュ(走り出すさま)


キノ)「待てぃ、コラッ!それは違うぞちっ(怒った顔)
    ピコ〜〜〜exclamation×2





                             次回につづく・・・(のか?)
posted by バロン | 愛媛 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

映画「パピヨン」

おげんきさまですぴかぴか(新しい)

うっすらすずしくなりましたモバQ

愛媛大学も約二カ月の夏休みを終えて後期の授業が始まりました。

各大学も後期の授業が始まったと思います。

前期、単位落として後期頑張ろうとひそかに思っている人もそうでない人も頑張っていきましょう手(グー)

DVD見ました

タイトルはパピヨン!!

image[4].jpg

STORY

 ケチな金庫破りで捕まった男。その男は胸に蝶の刺青を入れていることから「パピヨン(蝶)」とあだ名されていた。 パピヨンは仲間の裏切りに遭い、幾つもの罪を着せられた末に終身刑の判決を受けてしまう。 この刑を受けた人間は、祖国フランスを追放される上に南米ギアナのデビルズ島で過酷な強制労働が科せられるのだった。 パピヨンは脱獄を決意。しかし、それには看守を買収した上、ボートや食料を入手するための多額の資金が必要だった。 そこでパピヨンは同じ服役囚のドガという男に目を付ける。 ドガは国債偽造で逮捕された男で、今もその腕が噂される偽札作りの天才だった。 当初パピヨンはドガと取引することで逃亡費用を稼ごうとするが、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく・・


感想としては最高ウでした。

自由を求め決してあきらめず、逃げて逃げて逃げまくる。

不屈の闘志を持つ男。

そしてパピヨンとドガ、囚人の友情の熱い話でした。

36[1].jpg

しぶい!


この映画

すごい! 最高さぁ〜

観終わった後の第一声は最高さぁ〜

これほどまでに人の自由への闘志

、生への執着を描いた映画 


映画の登場人物パピヨンとドガが地獄のような島へと

投獄されてからの13年間という歳月のドラマが描かれるのですが

確実に時の流れを感じました。


最初はまだ若々しかった彼らもラストシーンでは白髪頭になっていました

ちょっとおじいさん化しすぎともおもいましたが、

つらい囚人としての生活が彼らを白髪にしたのではないかな。



ちょっと非常に重苦しい内容が描かれていてちょっと出血とかもしています。


二人が投獄される島はまさに地獄のような場所で

過酷な重労働が囚人には科せられるのですが、

その島では一年以内に半分が命を落とします。

その過酷さに脱出をはかる囚人もいるのですが

脱獄を企てた囚人は独房へと送られます。

独房へ閉じ込められる期間は1か月とか2か月じゃなく

、2年とか5年です。

わぉ

それだけの期間、何もない真っ暗な独房へと閉じ込められ、

食事もわずかしか与えられない。

だいたいの奴は精神が崩壊してしんでいきます。

パピヨンは逃げるのに失敗してはこの独房にぶち込まれるのですが

、限界になりまがらも自由への闘志を決して失うことなく刑期を過ごします。

人はこれほどまでに逞しい執念を持てるものか!!

生ぬるい日々の中で、

何か障害があるとすぐに諦めたり妥協してしまう

なんだそれは戦っているのか!!

自分やら若者やら政治家といわれる人やらにぶつけたくなります。

あきらめない心ですよ

ぜひ見てください。

img_427494_3252288_1[1].jpg

このパジャマなんか恥ずかしいね

      〜END〜












posted by バロン | 愛媛 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。