2011年10月05日

映画「パピヨン」

おげんきさまですぴかぴか(新しい)

うっすらすずしくなりましたモバQ

愛媛大学も約二カ月の夏休みを終えて後期の授業が始まりました。

各大学も後期の授業が始まったと思います。

前期、単位落として後期頑張ろうとひそかに思っている人もそうでない人も頑張っていきましょう手(グー)

DVD見ました

タイトルはパピヨン!!

image[4].jpg

STORY

 ケチな金庫破りで捕まった男。その男は胸に蝶の刺青を入れていることから「パピヨン(蝶)」とあだ名されていた。 パピヨンは仲間の裏切りに遭い、幾つもの罪を着せられた末に終身刑の判決を受けてしまう。 この刑を受けた人間は、祖国フランスを追放される上に南米ギアナのデビルズ島で過酷な強制労働が科せられるのだった。 パピヨンは脱獄を決意。しかし、それには看守を買収した上、ボートや食料を入手するための多額の資金が必要だった。 そこでパピヨンは同じ服役囚のドガという男に目を付ける。 ドガは国債偽造で逮捕された男で、今もその腕が噂される偽札作りの天才だった。 当初パピヨンはドガと取引することで逃亡費用を稼ごうとするが、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく・・


感想としては最高ウでした。

自由を求め決してあきらめず、逃げて逃げて逃げまくる。

不屈の闘志を持つ男。

そしてパピヨンとドガ、囚人の友情の熱い話でした。

36[1].jpg

しぶい!


この映画

すごい! 最高さぁ〜

観終わった後の第一声は最高さぁ〜

これほどまでに人の自由への闘志

、生への執着を描いた映画 


映画の登場人物パピヨンとドガが地獄のような島へと

投獄されてからの13年間という歳月のドラマが描かれるのですが

確実に時の流れを感じました。


最初はまだ若々しかった彼らもラストシーンでは白髪頭になっていました

ちょっとおじいさん化しすぎともおもいましたが、

つらい囚人としての生活が彼らを白髪にしたのではないかな。



ちょっと非常に重苦しい内容が描かれていてちょっと出血とかもしています。


二人が投獄される島はまさに地獄のような場所で

過酷な重労働が囚人には科せられるのですが、

その島では一年以内に半分が命を落とします。

その過酷さに脱出をはかる囚人もいるのですが

脱獄を企てた囚人は独房へと送られます。

独房へ閉じ込められる期間は1か月とか2か月じゃなく

、2年とか5年です。

わぉ

それだけの期間、何もない真っ暗な独房へと閉じ込められ、

食事もわずかしか与えられない。

だいたいの奴は精神が崩壊してしんでいきます。

パピヨンは逃げるのに失敗してはこの独房にぶち込まれるのですが

、限界になりまがらも自由への闘志を決して失うことなく刑期を過ごします。

人はこれほどまでに逞しい執念を持てるものか!!

生ぬるい日々の中で、

何か障害があるとすぐに諦めたり妥協してしまう

なんだそれは戦っているのか!!

自分やら若者やら政治家といわれる人やらにぶつけたくなります。

あきらめない心ですよ

ぜひ見てください。

img_427494_3252288_1[1].jpg

このパジャマなんか恥ずかしいね

      〜END〜












posted by バロン | 愛媛 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。