2011年11月21日

地震


ごごごごごっごごごごg

ゆれました・・・

さっき 7:20 くらい愛媛松山しが

ユラユラとゆれました。

そんなに強い揺れではなかったですが、

研究室の揺れを探知する装置がなりまして。

緊張感はりつめる空気が立ち込めました。


おちついたとことでなにか情報があるかなと

パソコンのニュースを見てみました。

YAHOOニュースではすでに地震の発生が

流れていました。


OH !MY GOD!!

いやはや震源地、地元じゃないですか

広島県北部って 三次市って・・・

地震の発生場所としては珍しい場所ではあります

ふつう地震って地盤のプレートのずれによっておこるので

中国地方の山で揺れることはあまりないのですが

ビックリです。

じいちゃん、ばあちゃん 大丈夫かな

最近日本 3.11以降も

被災地以外で地震が多いけれどもなんでかな


ほんとにまさか自分のところがっ!!と思いました。

まさに天災は忘れたころにやってくるですね

では手(グー)

人気ブログランキングへ

  

posted by バロン | 愛媛 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖ッッ!


おげんきbaron

あまいものっていいよね

おいしい糖分、みんなの糖分

わいわい糖分、たのしい糖分

ぷくぷく糖分、ぶよぶよ糖分

ってことで最近たべたデザートお菓子たち


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜。☆ 『ロールケーキ』 ★゚・:,☆*゚ ゜゚*☆ 

2011-11-18 23.29.29.jpg

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ 

メンバーの誕生日

ってわけではないけれども食べたよ。

ふわふわ過ぎて

一瞬で食べ終わってしまった

おいしかったけれども味よりも

はかなさな気持ち



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜。☆ 『チョコレートケーキ』 ★゚・:,☆*゚ ゜゚*☆ 

2011-11-08 22.49.00.jpg

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ 

これはけっこう前にカゴメさんが作ったケーキ

しっとり濃厚なチョコレートケーキでした。

上にまぶしてある粉糖の雰囲気も

冬っぽくてよかったのではないかな?


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜。☆ 『林檎ケーキ』 ★゚・:,☆*゚ ゜゚*☆ 

2011-11-07 22.23.36.jpg

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ 

たぶんキノピーさんかカゴメさん作のケーキ

角刈り林檎の酸味

スッパサやら甘さやらがナイスだね

ふわふわ、シュリシャリおいしかったです


難しくなるけど

今度はアップルパイも作ってほしい



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜。☆ 『ばなな』 ★゚・:,☆*゚ ゜゚*☆ 

2011-11-20 13.31.24.jpg

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ 

みのりさんのお見上げ

東京に行かれたので、東京といえばこれ、ばなな

2011-11-20 13.32.54.jpg


だけど従来のスポンジ状のバナナではなく

クッキーサンドになっているバナナ

しかもはさんであるのはレーズン!!

rum-raisinbanana

コラボりましたね。

サクサク、レズンレズンかわいい

GOOD!! 最高でした。


2011-11-20 13.34.39.jpg

糖分の取りすぎは脂肪やら糖尿病やらだから

食べ過ぎには注意しましょう

またおいしいの珍しいの食べたら貼っていきます

またね手(チョキ)

おいしそうで面白いとおもったらクリックしてください
人気ブログランキングへ






posted by バロン | 愛媛 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子・デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

menber's 紹介3


たらたらっと

baronです。

ひげの伸びも早くなり大人を感じています。

今日もニョキニョキと更新していきます。



いままでmennber紹介1・2ということで

college students の紹介はほぼ終わりました。

今日はEHIHEカープ staff の紹介であります。


それでは〜

ペローンとね




ムックさん

愛媛CARPのリーダー的存在です

切れのあるギャグは天下一品です

CARPでは和同会という劇、歌、ギャグをやるのですが

その存在感たる現実は近年類をみないです。

思い切りの良さと行動力は愛媛のほこりです



みのりさん

まさにえひめの姫の陽気さをみんなに与えてくれます

女性たちはふわふわ、てんやわんやなりやすいのですが

みのりさんの重量で地にとどめてくれています。


太陽の明るい陽気さと、

バシッと締め付けるところは、締め付ける

影のリーダーであります。


2人にはたいへんに面倒をみてもらっておりまして

staffのひとにも支えられながら

楽しく、元気にすごしています。

stff, student みなさん個性を存分に吐き出して活動しています。

みんなこれからもよろしく!!

またね手(グー)

みてくれたきみもよろしく






posted by バロン | 愛媛 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

通貨戦争〜第2章〜「通貨安政策」


お元気さまです。

昨日の続き第二弾!やっちゃいましょう。(→第一弾


この前は、というか昨日は為替レートがどういう仕組で変動しているのか、自国通貨を安くすることで輸出有利に導けることをとてもわかりやすく説明しました。

そういえば

輸出有利になれば以下のメリットがあるんですよね。

@ 国内製品の世界における価格競争力が増す!
 (日本国内は1億人市場、世界は70億人市場!)

A 自国製品が売れやすくなることで、国内企業の業績がUP!!

B Aと関連して、企業業績UP!!で国民の所得が増える(給料がUP!!)

C Aと関連して、業績UP!!で新たな雇用を増やそうとする企業も現れる(失業対策)

まだまだ考えられそうですが、僕の思いつくのはこれくらい。輸出に拍車がかかることで国内経済がどんどん良くなっていくんですね!

とゆうことはですよ!!自国通貨を安く持っていくことで輸出有利な状況にすれば、自分の国の経済が良くなる。
んでんで実はこの世には通貨安(通貨切り下げとも言う)に人工的に持っていく方法があるんです!!

それは実はとてつもなく簡単な方法で自国通貨を売ればいいんです。日本だったら円を売りまくればいいんです。そう、、、、、政府や日本銀行ってお金をたくさん持ってますよね?日本政府や日銀が円を為替市場で大量に売り出すことによって為替レートをグングン下方へ持っていけるわけなんです!

いや〜〜そんな方法あるんだったら日本もドンドン使ったらいいじゃないっすか〜〜〜〜

実はダメなんです!

この方法は、あまりにも自国中心主義なため、近隣諸国を衰亡させるおそれがある、、、、だから禁じ手なんです。でもどうしようもなく使ってしまった場合、、、、これが通貨戦争になるんです!今日はこれくらいにしといて次回は通貨戦争へのシナリオを説明していきたいと思います。



posted by バロン | 愛媛 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | PC・スマートフォン・他経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

通貨戦争〜第1章〜「為替レートの変動」


お元気様です 副代表のマグです。

今日は新聞やニュースでも取り上げられますが

為替レートについてお話していこうと思います。


 
世界では何百種類という貨幣が存在します。米ドル、日本円、豪ドル、英ポンド、中国元、韓国ウォンなどなど、、現代社会では、グローバリゼーションというように国と国の間の人やモノやカネの行き来が活発なためこれらの通貨同士は交換できるようになっています。

1ドル=100円といったように。旅行にいくときも、円をドルにかえてアメリカに行ったり。クルマで有名なトヨタもいろんな国にクルマを売って得たいろんな国のお金を最終的には円にもどして、社員の給料などを支払います。

さらに、今回の大震災でいろんな国から援助がありました。いろんな国のお金を円に交換して、募金などが世界中から日本に集まってきたのです。通貨取引は日常的にしかも大量に行われています。

しかし、、、、タイトルにもあるように、、一歩間違えばこれが通貨戦争に、、果ては武力同士の戦争に発展しかねないのです。。この話をしようとするととてつもない文量になるので、まずは為替レートということも分からない方も多いと思うので為替レートについて説明していこうと思います。すごく勉強になるので見て行ってください。



通貨交換レート

じっさいこの通貨交換レートがどのように決まっているかというと、
その通貨を欲しい!という人の通貨の量と、いらない!という人の通貨の量で決まっているといえるんです。

例えば円とドルが交換され、1ドル=100円で交換されている場合を想定します。
これをもっと言えば1ドル=100円だったら売り手と買い手がつりあいがとれているという状況なんです。1ドルと100円を交換してほしい!という人が10人いたら、同じ場所に100円と1ドルを交換してほしい!という人が10人いるという意味なんです。(わかりやすくするために人数を基準にしていますが、厳密に言えば通貨量が基準です)
これだったら交換したい!という人がみんな交換できるので1ドル=100円のレートでつりあってるといえますよね?

しかし、その場所に、1ドルと100円を交換して欲しいという人がもう一人現れたとします。そしたらもう誰も1ドル=100円で買ってくれる人がいない。。。。。どうしようどうしよう、、、

じゃあ値段を下げるか、、、ということで1ドルと90円を交換ようと提案したら、安いね!それならいいよ!という人が一人でてきた。。。
はい、、、これで解決。。つまり2通貨を取引する際売りに出す人と買いたいという人がそれぞれたくさんいてそのアンバランスさを価格が上下してちょうど均衡がとれる交換比率まで調節しにいく。。。これが為替レートの決定されるプロセスなんですね。




見かけの動きと実際の価値の違い

さっきの例で言えばドルをいらないという人が一人増えたということになりますが、人気がなくなるということは価値が下がったということを意味します。

しかし、1ドル=100円が1ドル=90円になったというのは一見ドルの価値が上がったのでは???とせっかちな人は考えてしまいます。
でも、さっきまでは100円で1ドル交換できたのに、今は90円、、、10円安く1ドルを手に入れれるということ。これってドルの価値が下がって、円の価値が上がったと言えますよね

そう、、、これが円高ということなんです!!今まで理解の薄かった人は良かったですねー、確認できて。さらに、逆の動きなら円安ということになります。




輸出有利な円安


さて、さきほどもうしあげた、円安ということについてですが、円安になればなるほど、輸出に有利になるということができるんです!

ここではジュースの例をあげます。円安になるとはさっきと逆の動き、1ドル=100円が1ドル=110円でないと交換できないという動きですね?

これで考えてみる。アメリカの企業が日本で100円で売られているりんごジュースがいいからと言って、日本から輸入してアメリカで売るケースを想定します。いつもは1ドル=100円のレートの時はアメリカ企業は日本で売られているりんごジュースを買うために1ドルを100円に交換して100円のジュースを1本買えます。
しかし、、、何ヶ月かたって為替レートが変動し1ドル=110円になったとします。そうしたらアメリカ企業は1ドルを110円に交換して100円のジュースを、、、、、、えっ!???


なんと!!!100円のジュースを買っても10円余る??そう!!為替レートが変動することで、アメリカは日本からの輸入で得しちゃうんです!!日本製のものをより安く買えるんです。つまり日本からアメリカへの輸出が有利!!日本企業としても別に安く売ってるわけでもないのに、為替レートが変動することで、外国からしたら日本製品が安く感じちゃうんですね。

円安は輸出に有利にはたらくんですね・。。。


以上為替レートの決まる仕組みから輸出入といったことにまで言及していきました。少しは勉強になったでしょうか?次回は本論、、、通貨戦争について書いていこうと思います。

posted by バロン | 愛媛 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | PC・スマートフォン・他経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。