2011年11月08日

パソコン・スマートフォン選びのコツ

こんばんは!副代表のマグです。

実は僕、それなりに電子機器について詳しいので今日はパソコンや携帯電話など様々な電子機器についているCPUについて説明していこうと思います!!!!

最近は当たり前のようになったパソコンや携帯電話ですが、意外とその仕組みについては知らない方も多いのではないでしょうか???

携帯やパソコンを単にデザインで選ぶ人も多いでしょうが、こうした電子製品の部品に何が使われているかを知っておくと、、、、買い物のときに更にお得!!!

PC・smartphoneの選び方」

ということで目次として

CPUの役割
CPU使用例
CPUを選ぶ3つの基準
3つの各基準について
PC選びまとめ
スマートホォン

って感じで流れていくのですこし長いですが読んでみてくださいかわいい

今回はパソコンを例にとって説明しますが、基本原理はどの電子機器でも同じことにご注意ください。。


CPUの役割
 
CPUの役割は計算をすることです。そしてその過程は3段階に分けることができる。。。。。。

入力→処理→出力です。

これは計算する内容をCPUに読み込ませ、それを計算し、計算結果を出力するという過程です。この仕組は人間の脳みそにも似ています。

脳みそも外から得た情報を五感で感じ取り神経を伝って脳みそに情報が伝わります(入力)。そして脳みそがその情報を処理(処理)し、計算結果が神経などを通じて何らかの反応(出力)をするわけです。キーボードやマウスなどで私たちがパソコンに命令を出し、それを処理し、画面や何かに結果を出力する。。。。。そういった感じです。


CPU使用例

文字の表示から、音楽の再生から、エクセルの計算から何から何まで、このCPUで計算処理を行なっているのでCPUの能力といったものがただちにパソコンの快適な操作に影響してきます。

もし能力の低いものであれば動作が遅くなったり、フリーズをしてしまう。

私たちも勉強でわからない問題があれば頭がパンクしちゃいますよね?。。。。。でも頭の良い人はなんなくその問題をこなしてしまう。CPUもいいものを選ばなければいけないんです!!!!



CPUを選ぶ3つの基準

さて良いCPUを選ぶためにはなにを基準に選んだらよいか。それは

1.「クロック数

2.「コア数

3.「特殊能力

で選んだらいいと言えます。



〜 1.クロック数

ではまずクロック数から、クロック数はいわば人間でいう頭の回転の速さみたいなものです。

ウインドウズを使っている人は   

スタート(メニューを開くボタン)→コントロールパネル→システムとメンテンナンス→システムのプロセッサ

という項目で、自分のCPUのクロック数を見ることができます。ちなみに僕のは2.4GHzあります。大学生の生協のパソコンは持ち運びが便利なちょっと小さめのパソコンだと思いますがそれだと1.2GHzくらい。最大でデスクトップの3GHzクラスがあります!

とにかくこれはおっきければ大きいほどいいんです!!!!!!!!

ちなみに最近のスマフォは最近は1.0〜1.5GHzが主流です。



〜 2.コア数

次にコア数ということですが、、、、これは,つまり脳みその数、CPUの数なんです。

実は5年前くらいまではコア数がひとつというのが当たり前で、CPUを開発する会社はクロック数を引き上げる戦いをずっとしてきたのです。。。。しかしクロック数を引き上げすぎると熱くなって逆に計算効率が悪くなるという現象が起こりもしたんです。。。。。。

どうしたらいいんだああああ???

ということで2006年にとうとうIntel社からCore2Duoという脳みそを2つ,もったCPUが誕生したんですね。コアを2つにすることで1つあたりの発熱量が減って、、、いい具合になったんです。

ちなみに僕のパソコンもこのコア2デュオを積んでます。んで時代というものはすごくてその後4つやら6つ、、、順にクアッドコア、ヘキサコアと言いますが、そういうやからが登場したんです。(ついこの前8つのCPUもAMD社(Intelのライバル)から登場しました。名前はブルドーザーらしいですw)

スマートフォンも今年の冬モデルからは2コアのものもたくさん出ます。スマフォで2コアだったら速いのなんのって、もうオススメですね!

そしてそして実は今やパソコン業界ではこの2コアすら古い!!!って言われるんです。。。。。なんでかというと「特殊能力」をもったCPUが登場し始めたんです。



〜 3.特殊能力

特殊能力を持ったCPU、、、、、いわゆるインテルのCoreiシリーズなるものなんですが、、特にいま売られているパソコンは大半がCoreiですね。。。。。

これの何がすごいかといいますと積んでるコア自体は2個や4個なので従来と変わりないんですが、、、

必殺技でターボブースト!!とハイパースレッディング!!が使えるんです

←これ僕がつくった名前じゃなくて、なんかかっこよすぎるけど正式名称なんです



〜特殊能力.1 「ターボブースト」〜

ターボブーストっていうのは、まあ人もね、いつも頭の使いっぱなしじゃ大変じゃないですか.たまにはのんびり、とかね、でもやるときゃやる!!

そう、それをCPUにもできるようにしたんです。というのもCPUのクロック数を自動的に調節する機能ができたんです。処理する情報が増えると頑張ったり、減るとちょっと手をぬいたりするんですね〜〜〜。これがターボブースト!!




〜特殊能力.2 「ハイパースレッディング」〜

ハーパースレッディングというのは、、、人間でもテレビを見ながら勉強やったりね、、、、いわゆるながら見ですね。

よくやりますよねwww人間って脳みそが1つしかないのに同時に2つも3つも4つも5つも作業。。。って、そんなにできないか、、、

まあとにかくCPUもこれまで1つの頭でいくつものことを考えるようなことは苦手な感じのつくりだったのですが、自分の頭を自ら2つに分割(2スレッド)していくつもの作業が得意になっちゃったんです!!2コアだったら実際は2コアだけど、仮想的に頭を2分割して合計4つコアがあるように見せるんです。

これでいくつもの作業を同時進行できるようになった!!!、、、、
最近はパソコンで音楽聞きながら、インターネット開きながら、レポート作るような人も増えてきたのでそうした作業もCPUは得意になったと言えるでしょう。

そしてCoreiの能力はCore2Duo(脳みそ二つのヤツ)の能力のさらに2〜4倍とも言われているんです。
 


PC選びまとめ


パソコンCPUを作るIntelの創業者のムーアが1965年に「18か月でパソコンなどの性能は2倍になる」と言ったそうです。まさにその言葉どおり、CPUは目覚しい進化を遂げています。

ということで今回得た知識のおさらいですが、パソコンにおいてはぜひコア数の多いものを選んでください。

まあでもインターネット見るくらいだとかメールするくらいだとかいう人は2コアのもので十分でしょう。最近ではターボブーストやハイパースレッディングのついたCoreiも安いし一般的になってきているので、まあ普通のでいいという人はCorei3、、、ちょっと良いのが欲しいという人はCorei5、、、、もっっともっっとおおおおという人は4コア8スレッドのCorei7を選んじゃってください。そしてそして、、、、、まだまだあああああああああああああああという人は6コア12スレッドのもありましゅ。



スマートホォン

スマートフォンにおいては、2コア=デュアルコアを搭載したものが個人的にはオススメです。
動作が速いつまりインターネット見るのとかに時間がかからない、毎日スマートフォンは使うわけですから遅いスマートフォンで大切な時間を無駄にしたくないですよね?

時間を大切に使うといった意味でも速いCPUを選ぶことは大変重要なわけです。


みんなもPC買う時やスマホにするときは参考にしてみてね

ではまた今度手(グー)

posted by バロン | 愛媛 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC・スマートフォン・他経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。