2012年01月30日

これぞ愛媛カープ流!誕生日会!!

こんにちは3日ぶりの更新となります。

この2日間は休暇をとってました。

もちろんテスト勉強のために

さてこの前メンバーの誕生日会が行われました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しかし普通の誕生日会と何かが違うぞ愛媛カープ。・・・・・!


さあ、、、どうだ!!??続きを読む
posted by バロン | 愛媛 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

懐かしい映画!! アニメか。。。

どうも〜〜〜〜

副代表の燃えるマグワイアです。。。。!!

そういえばこの前ターミネーター2の記事を書いたじゃないですか。。。。

もちろん僕の中でのナンバー1映画はターミネーター2ではあるんですが、、、、

実はもう一つのナンバー1、、、、、ナンバー1映画(アニメ)があったんです


みなさん

「ティモンとプンバァ」

って知ってますか?????wwww
知る人ぞ知るというか、、、ライオンキングにもハクナマタタ♬♪って感じで歌って踊るちっさなサルとブサかわいいイノシシがいたじゃないっすか!!!あれのめっちゃ笑える映画があるんです。大体みんな知ってるのかな??今日はその紹介です。続きを読む
posted by バロン | 愛媛 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

ノートパソコンの時代は終わる?

KONNNICHIWA!!!!!

副代表のマグワイアです^^ノ

なんと記事のタイトルに「ノートパソコンの時代は終わる!!!」というふうに豪語しましたが、、、、、、
そう!!僕はノートパソコンはもういらないなあああなんて自分では思ってるんです!!!

それはなぜかというと、、、、もっと使いがってのいいアレが登場したからなんです。続きを読む
posted by バロン | 愛媛 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

絵本紹介


 こんにちは、たいしですわーい(嬉しい顔)

 今回は、ぼくの好きな絵本を紹介したいと思います。

 初版が昭和45年9月とあります。西暦で1970年ですから、もう40年近く前に刊行された絵本です。読んだことはなくても、名前を知っている人は多いのではないでしょうか。

elfi1.jpg
かたあしだちょうのエルフ  著者 おのき がく  ポプラ社 出版


あらすじ 

 主人公のエルフはいろいろな仲間の動物たちと暮らしていますが、若く、強く、大きなオスのだちょうです。エルフは子どもが好きで、背中に子どもを乗せて散歩をしたり、長い首を利用して木の実を取ったり、恐ろしいジャッカルがやってきても、追っ払ってくれたりとみんなから頼りにされ、とても人気者です。

 そんなある日のこと、百獣の王ライオンが現れました。勇敢なエルフは、みんなを助けるためにライオンと闘いました。そして、見事にライオンを退散させたのですが、その時に大切な足の1本を食いちぎられてしまったのです。平原は平和な日々が続きましたが、片足をなくしたエルフには苦しみの日々が続きました。最初のうちは、片足になってしまったエルフのために、食料を取ってきてはエルフに分けてくれていた動物たちも、それぞれの家族が大切ですから、次第にエルフの世話まですることはできなくなり、やがてエルフはみんなから忘れ去られていきました。動けないエルフは、やがて体はカサカサにひからびていきます。食べ物を探すことすら出来ないのです。


 ある日、平和だった平原に黒豹が現れました。みんなは一斉に逃げましたが、逃げ遅れた子どもたちが黒豹に狙われました。エルフは自分の体がどういう状態かなどということはすっかり忘れ、「みんな、ぼくのせなかにのれ」と、子どもたちを助けようとしました。一本足のエルフは懸命に黒豹と闘います。そして、ついに黒豹は逃げていきました。エルフの背中から降りた子どもたちが「エルフ、ありがとう」と言ってエルフを見てみると、そこには片足のエルフと同じ格好の大きな木が空に向かってはえていました。エルフの顔の真下のあたりにはきれいな池もできていました。木になったエルフは、1年中涼しい木陰を作り、そのおかげで動物たちはみんな楽しく暮らしたのでした。


 …仲間を助けるために勇敢にライオンと闘って、その結果片足を失ってしまったエルフの行動をどう思うでしょうか?そして片足になってしまったエルフに対する仲間の姿勢はどうでしょうか?片足になり、食べることも出来ず、カサカサになってしまいながらも子どもたちを助けたエルフをどう思うでしょうか?最後は木になったエルフをどう思うでしょうか?


 名誉の負傷…それゆえに最初は仲間もエルフの面倒を見ますが、やがて日々の自分たちの生活に追われて離れていきます。やむを得ないことです。誰だって、最後は自分が可愛いのですから。エルフの心境は一切描写されていません。ありのままのエルフの状態を描き、最後も木になったエルフは、それでも仲間のために役立つ状態を継続します。

引用サイト http://www.asahi-net.or.jp/~uz4s-mrym/page/osusume/osusum96.html



ぼくなりの観点 

 なぜ、そこまでして他者を守ろうとするのか、もっと賢く生きたらいいのにと思う人もいるかもしれません。感動させられるけど、自分は、そこまでできないと思う人もいるかもしれません。

 普段の生活に当てはめてみたときに、私たちは、ついつい自分のことで精一杯になりがちです。仕事に追われ、勉強に追われたり、様々な悩みを抱えながら、生きている人がほとんどだと思います。そういった中でも心の余裕を失わず、周りの人のために何かをしていくと逆に自分が勇気づけられたりすると思います。反対に傷つけられることもありますが・・・。

 でも、そうやって、周りのために何かをしている人は、神様がみてくれていると思います。だから、幸せになっていけると思いますし、尊敬される立派な人になっていけると思いますひらめき

 この絵本でも、そういった他者のために生きるという大切さを訴えているような気がしましたもうやだ〜(悲しい顔)

 人は誰でもために生きようとする思い(愛)黒ハートをもっていると思いますが、反対にそうできない思いもわいてきます。自分自身がそうです。

 世の中をみてみたときに、なぜ、憎しみ合い、犯罪、戦争が絶えないのか、平和になるということは、ほど遠いことのように感じてしまいますが、根本的には、ために生きようとする思い(愛)黒ハートを中心としていかないと全ての問題は解決されていかないと思います。

 幸せになることは、複雑で難しいことのように思いがちですが、意外とシンプルなものかもしれませんぴかぴか(新しい)


2012年01月23日

ムカエルの秘密


こんにちはー!たまですー晴れ
このブログ書くのは初めてなので、誰と思ってる方も多々いらっしゃることと思います。いやーかなしいかな。


だがしかし。たまは知らずとも、この「ムカエル」は皆さんご存じでしょう。

E784A1E9A18Cc-71e65[1].jpg

なにをかくそうこの「ムカエル」を書いたのが私「たま」なのです。ハハハハハ。




というわけで、今回ちょっとだけムカエルの裏話について書いていこうと思います!


実はムカエルのデザインはメンバーの皆から募集投票した結果決まりまして、その候補は20以上あったんです。「さすがにこれは」というのも含めたら50以上…いや…1000を越えていたかもしれない…ふらふら(まあそんなにはなかった気がします)

その中には本当にいろいろなものがありました。


あ。名前なんですけど皆さんが既にご存知のように「迎える」という意味と、響きが天使みたいというとこからついてまして…
(他にもあった場合メンバーの方補足お願いしますー)
なので候補デザインの中にも天使"みたいなの"もいまして。なかなか素晴らしい存在感を放ってました(筋肉すごかった)

あとはみかん箱から顔を突き出したカエルとか…まあさすが愛媛という感じでみかんベースのものが多かったですね。たぶん(←忘れた)






あとムカエル自身について!

実はムカエルにはモデルがいまして…
それがこちら!

201201211946000[1].jpg

わかりますか?

201201211947000[1].jpg
      /でーん\

はい、この方。
我が愛媛CARPのリーダー的存在ムックさんのマグカップにひっついているカエルです。

マスコットキャラクターのカエルとなったときこいつしかいないとモデルになってもらいましたひらめき







そんなこんなで出来あがったムカエル。
これからもよろしくお願いします!(^ω^*)るんるん

ちなみに愛媛CARPで創作されたキャラクターはまだいまして、またいつか機会がありましたら紹介させてもらうかもしれませんぴかぴか(新しい)
(個人的にはムカエルの仲間とかつくりたい…)

では!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。