2012年01月12日

loveを世界を救う☆彡

きのこの子〜ののこるんるん

げんキノピ!

どうも〜キノピコですぴかぴか(新しい)


いやぁ、寒いったらないですね雪

愛媛だから広島の子達には、全然寒くないんよ〜

と話しながら、

カタカタと震えて過ごしておりますあせあせ(飛び散る汗)


ま。


そんな寒い日にはあったかい話をしましょう揺れるハート

ということで、

先日のbaronさんに引き続き

実家の話。


私の実家は愛媛の新居浜市なんですが

もうね。

知る人ぞ知る

祭りラブな街です。


10月になると老若男女みなさまが

何かしらせわしくなってくるんですね。

血が騒ぐと言いますか・・・


こう、ふつふつと


浮き足立ってくる感じ。


なんたって、あの大きな神輿(地元では太鼓台という)

そろって持ち上げられたときの

感動!!

もうね、語れば止まらないんですよパンチ



なので、強制終了-------。



ところでところで

父の実家にはおばあちゃんが一人で住んでいるのですが、

このおばあちゃんが

私の大好きなおばあちゃんです。


本当に親の愛とはなんたるか

を教えてくれる人です。


正月に帰った時にも

一緒にお風呂に行く予定だったのですが、

おばあちゃんが本当に嫌がって

とうとう家族だけで行きました。


あとあと理由を聞いてみたら、


今、おばあちゃんは足が悪くて

ほとんど家を這うように動いているかんじ。


車椅子を使えばお風呂にだって行けるけれど

それを見られる自分が恥ずかしいのではなくて


おばあちゃんと一緒に行こうとする

お父さん(おばあちゃんにとっては息子)

がどう見られるかを思うと

あまりにもかわいそうで

いけないのだと


涙をためて

そっと

教えてくれました。


おばあちゃんは、そうやって

お父さんを誰に対しても

恥ずかしくないように

必死に育ててきたのだと

おばあちゃんの人生を垣間見たように感じました。



そんな、おばあちゃんも満86歳exclamation×2

いつも動き回って

せわしなく働くおばあちゃんだけれど

私があげたクマの人形に

「さむいでしょう??」

と、ハンカチを結んであげるような

カワイイおばあちゃんです。

(正月に帰ったら、置いてある人形の全てにハンカチが・・・笑”)


みなさんも

今までは知らなかった

家族の昔話や行動の背後の本音をきくと

意外にも

自分や家族を想像以上に愛する人を

見つけるかもれませんよかわいい


ぜひぜひ聞いてみてハートたち(複数ハート)



そんな家族を思う愛が世界中に広げれば

平和も訪れてくる気がしてやまない

キノピコでしたー(長音記号2)

posted by バロン | 愛媛 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。