2012年04月17日

タルト戦国時代

おはようございます。

代表のマグです^^

愛媛ではもう、ほとんど、いや!すっかり桜が散っちゃいまして、あのフレッシュな空気はもうなくなりかけ、5月のあの独特な空気へと移行しつつあるようなこの頃です。


今回書く記事はといいますと、愛媛でもかの有名な「タルト」でございます。ん????いつもタルトっていうけどタルトってどんなお菓子なんだ?ロールケーキでもないよな??? ちょっと調べてみよう

今調べてみましたが、なんとタルトには2種類ありました!まずはこっちのタルト


images.jpg

あ〜〜〜〜〜〜、なるほど、こんなんもあったね〜。洋菓子のタルト。ん〜なんかうまそうだな〜。


お次は松山でも有名なこちらのタルト


RIMG0466.JPG

そうそう!僕が言いたかったのはこれなんすよ〜。これは松山の郷土菓子で、カステラに餡をくるんだものをタルトというそうです。昔々オランダから伝えられたもので、最初はジャムがくるんであったそうですよ。なんだか懐かしい雰囲気です。



タルトというとどうでしょうか?他県にも売ってるのでしょうか???少なくとも僕の故郷、岐阜にはタルトのお店はありませんでした。

しかし、、、、松山には、いタルトころにタルトのお店がい〜〜〜〜ッ杯あるんですわーい(嬉しい顔)


有名ドコロは「六時屋」、「一六本舗」、「ハタダ」です。大体この3つの三國時代となっております。実はタルトといっても、お店お店で特徴があって、味も違ったりしてとてもおもしろいのですが、各店の良さをちょっと調べてみました。


〜六時屋タルト〜
六時になると、時計の長針と短針がまっすぐになることから、まっすぐな心で商売をしようという心意気が六時屋にはあります。タルトにもその理念はあらわれており、すべてのタルトはすだれで職人の手によってまかれており、添加物も一切使われておらず、原材料も厳選されたカステラと餡によってほんとうにシンプルで素直な味わいとなっています。1953年には昭和天皇にも召し上がられたことがあるそうです。

〜一六タルト〜
一六タルトを自信を持って放つ一六本舗は愛媛県内にも64店舗あり、タルト御三家のなかでも最も強い勢力を示しております。タルトの特徴はさっぱりとした「ゆず」風味のタルトとなっているところです。さっぱりとしているので後味が悪くなく、さわやかな春の季節には持ってこいだと思いますよ。

〜ハタダの栗タルト〜
直営店が16店舗。FC契約店が52店舗もあり、こちらもタルト界に大きな影響力を持っております。
ハタダのタルトはなんといっても、、、あの、、、栗ですよ!!柚子風味の餡をカステラでまき、餡のなかに、刻み栗が入っています。ハタダには栗タルトと御栗タルトというのがあって、御栗タルトはなんと、1口大の大粒の栗が中にはいってる。栗の甘さと柚子のさわやかさが、からみあって、ん〜〜〜わーい(嬉しい顔)とうなりをあげること間違いなしですよ^^


僕の好きなのは六時屋のタルトで、あのシンプルな感じがやっぱりいいですね。道後温泉の近くには3つの店が密集しているので、道後温泉でいい湯につかったあとにおいしいお茶を飲みながらタルトを食べ比べしてみてはどうでしょうか。あなたもきっと松山のとりこになることまちがいなしですよ手(パー)


img_1090943_36291960_3.jpg



posted by バロン | 愛媛 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分は断然一六タルトです
実家ではときどき食べていてばあちゃんからももらってました。
老若男女誰でも好きで自分は断然ケーキよりタルト派です!!!
Posted by バルサ at 2012年04月17日 23:49
一六タルトは何度か食べたことがあるなー
あれは美味しかった。
他のお店のタルトも食べてみたい!
Posted by しょ〜えい at 2012年04月27日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265029146

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。